2016年2月6日土曜日

スマホサイト表示チェック

iPhoneも機種により解像度が異なり、既にAndroid状態…。
iPhone6と6Pシリーズは、老眼用の拡大表示モードがあるので同じ機種でも解像度が異なる。
Xcodeに付属するiPhoneシュミレーターはXcodeからしか機種変できない?ようで…スマホサイトの表示確認に便利なサイトを発見。
URLを入れると各デバイスでの縦、横表示してくれるのが便利!

http://www.responsinator.com/

2016年2月5日金曜日

iPhone シュミレーターを直接起動する

Xcodeがバージョンアップする度に場所が変わる…

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Applications/Simulator.app


アプリケーションフォルダのXcodeを右クリックしてパッケージの内容を表示を選択するとあとは上記のパスのとおりに…。



ドックに追加して使えば便利です。
WEBサイトの確認にも便利です。
実機は不要。
端末の切替はXcode経由になるのかもしれません。
メニューには存在しませんでした。