2014年12月14日日曜日

iTunesConnectは新しくなって日本語になりましたが、広告が入るととてもややこしいです。

ADネットワークは、AppBank(Nend)を使っていますが、AdSupport.frameworkを使っているのに広告表示が確認できないと何度もリジェクトされました。
これは審査する米国で、広告が表示されないことによります。
広告在庫の問題なので日本で確認してくれ…と何度もやりとりがあり、遂にアップル社から電話がかかってくることに。
いきなりかけてくる訳ではないので、都合の良い日時を教えてくれ…と連絡がありました。
そこに英語は得意じゃない…と付け加えることで日本語を話すスタッフが応対してくれます。

内容からすると米国では確認できないので、You tubeや動画ファイルを送れとのことでしたが、iTunesConnectから動画は送れませんでいした…。
仕方ないので自分のサーバーに10秒弱のアプリ起動して広告が表示される動画をアップしてURLだけ伝えましたが、それでもリジェクト…。

これにはぶち切れて、お前達が言うとおりにやっているのに、なんだそりゃー…という内容を英語ときつい日本語で返信すると…30分足らずでリリースとなりました。

子供用にチェックを入れると、プライバシーポリシーURLが必須になったり、2015/2/1から64bit版を含めていないとリジェクトされるようですし、とにかくややこしい。

バイナリーのアップロードの手順が変わったのはにはなれましたが、日本語になったとはいえ、広告を入れる時の申請がすぐに忘れるのでここにメモしておきます。

輸出コンプライアンス
 →No

コンテンツ配信権
 →No

Advertising Identifier
 →Yesにして、「App内で広告を出す」と、下の署名のようなもの「私、○○○○は、・・・・」にチェック


2014年8月17日日曜日

トラックパッドの1タップが機能しない時の原因

以前にもあったのだが、すっかり原因を忘れてしまっていたので記録。

【現象】使えていたMacBookが急にタップ、左クリックのみできない。スワイプ等の動作はする。右上の電源スイッチで終了(Finderのメニューも選択できないため)で再起動させると、しばらくは使えているのだが、気付くとトラブル再現。

【原因】Wirelessマウスのスイッチが入ったままカバンに入れていて、クリックされていた状態のままになってカバンの中に入っていた。
外で仕事をするために純正マウスを出し入れしてスイッチを切り忘れなどによる。

仕事にならないのでマウスを使うことになり、本原因特定にいたる。

2014年3月23日日曜日

Macトラブルシューティング

よく詳細を忘れるのでメモ…。

●PRAMクリアー
(効能)音量や、解像度などの設定ファイルをクリア。
    音が出なくなった、スクリーンセイバーが開始されない…などに

(やり方)起動ボタンを押して、すぐに ⌘+OPINION+P+R を押し続ける
     2回目の起動音が鳴ればOK


●SMCリセット
(効能)HDマウントの解除、ディスク、USB等の不具合…
(やり方)電源を抜いて15秒くらい放置
                ※USBケーブルなど全て抜く。コンセントではなく本体から抜く。
(参考)http://support.apple.com/kb/HT3964?viewlocale=ja_JP


セーフブート
 不具合が発生している時の問題切り分けを行います。
 セーフブートで起動して、問題がまだ発生しない場合は、何か常駐のアプリなどと
 ぶつかっている可能性が高い。
 問題が生じる場合は、OSでの問題が疑われるのでクリーンインストールなどが必要。
 

上記、PRAMクリアー、SMCリセットを行う。そしてまだ解決しない場合、ディスクユーティリティーでパーミションの改善なども行い改善しない場合は、セーフブートでさらに問題を切り分けして対応を検討する。
     

2014年1月27日月曜日

Macの調子が悪い時にやること

(1)電源まわりのリフレッシュ
Macの調子が悪い時に、iMacなどは電源を抜いて5秒?くらい放置してから再度電源を入れ直すことで電源まわりをリフレッシュすることで不具合を解決できることがある。

MacBookの場合は?
しかしノートタイプのMacは電池が取り外せないので以下の方法で上記を行う。
電源を落とした状態で、
option + shift + ⌘を押しながら、電源スイッチを押し、
電源スイッチから指を離すと同時に他の3つのキーも同時に離す。

基本的に無反応だが、
充電アダプターのランプが一瞬消えるのでこれが実行されたことがわかる。


(2)PRAMクリアー
⌘ + shift + P + R 押しながら電源を入れて2回起動音が鳴るまで押し続ける。

(参考)アップルサポートページ
http://support.apple.com/kb/ht1379?viewlocale=ja_JP

(3)Macでネットが繋がらない時のテスト
電源を落として、⌘+Rで電源を入れると、OS再インストールなどの画面が表示される。
そこでユーティリティのオンラインヘルプ情報を選択すると、そこで動くSafariは、現在使っているユーザーのSafariではないので再インストールするとネットには繋がると切り分けができるとのこと。

Mac ディスクユーティリティのアクセス権修復の警告

Macの調子が悪い時にすることの1つとして…ディスクユーティリティーのアクセス権の修復。ここで警告があり、かつ修復されない…となると気持ちが悪い。


  • 警告:SUID ファイル「System/Library/CoreServices/RemoteManagement/ARDAgent.app/Contents/MacOS/ARDAgent」が変更されていて、修復されません。

気持ちが悪いが調べて見ると無視して良いメッセージは他にもありました。
アップルサポートページ
Mac OS X:ディスクユーティリティのアクセス権の修復で無視しても構わないメッセージが表示される

ここで赤字のメッセージが出る以外は気にしなくても良いらしい。

2014年1月25日土曜日

Macの引越しのポイント

MacBook Airを10.9にupdateしたのが原因か諸々不具合が生じる。
数年にMacの新規設定、引越しなどは行わないが、備忘録としてこちらにメモを残す。


症状1:GitHub、BitbucketなどにSSLの関係か、アクセスできない。

症状2 Fn1動作の不具合
    Fn1にDashboadを割り当ていたが、同時に暗くなる…と両方機能してします。
    システム環境設定 > キーボード > F1、F2などすべてのキーを標準…
    こちらに不具合があると切り分けれました。
    *別のアカウント(管理者権限)を作って同じ環境の設定をすると動作する
     のでアカウント設定の不具合…。

症状3 FireWorksなどのフォント名表示がこれまで日本語だったものが、英語に…



改善を試みたが、アップルサポートのスペシャリストもお手上げ状態…。
クリーンインストールを覚悟したが、別に管理者権限アカウントを作成し、そちらに全ての設定を移行する方針に決定。
(メリット)
  ●ソフトインスールの必要がない。
  ●iphoto、itunesなどの設定を移動しつなげることができる。


(後押し要因)
  ブラウザはChrome、メールはGmail、カレンダーはGoogleカレンダーを利用
  していること、そしてMacBookは仕事専用機なのでiPhoto、iTunes、iMovie
  を利用していないこと。

(懸念事項)
  VM FuisionでWindowsXPを使っている。
  そこに仕事で年に1度くらいしか利用頻度はないが、Win-SPCを利用する必要
  がある。(サーバー上の仕様でMacではGUIでアクセスできるSSHツールがない)
  この設定を行うのはかなり精神的苦痛…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
移行のポイント
 ●iTunesだけ移行してみた。
  HD > ユーザー名 >
  ここのミュージックの中にiTunesのフォルダーをまるごと移動して起動するだけ。
  他のiMovieなども同じかと…。
  既に新アカウントで起動してしまっている場合のリンクの張りなおしは、
  optionキーを押しながら、iTunesを起動すると「ライブラリーを選択」と出てくる
  iTunesLibrary....itlというものを選択するとOKなはず。
      


  また同じMac内で、別アカウントに移行する場合には少しテクニックが必要。
  外部HDをつなげているのが一番簡単ではあるが、ない場合には、上図のように
  パブリックの中にドロップボックスというフォルダがある。
  こちらは別アカウントで使っていてもアクセスできる領域なのでこちらにコピーして
  取り出すと良い。

iPhoneをMacにつなぐとiPhotoが自動で起動してうざい…。
  iPhotoの設定より図のように設定変更することで、ピタっと止まります。
  


●Fetchの引越し
   漢字トーク7の時代からいつも悩まされて来たことで、そしてすぐ忘れる。
   ショートカットを保存するとFetch Shortcuts.fetchShortcutsというファイル
   で出力される。

   こちらを新アカウントでWクリックすると以前のショートカット一覧が表示。
   別で、新アカウントでのショートカットを呼び出し、以前のものを選択して
   ドラッグして持って行く。
   パスワードは移行できないのが不便。
   ググってみたものの情報が見つからず…。

●Fusion Windowsの引越し
  起動する度に新しいものにアップデイト(有料)とうるさいが必要ないので
  このまま使う。
  古いFusionだと設定画面がすんなり呼び出せないが、どこかの画面を介すると
  設定画面に辿りつく。WindowsXPはメモリーが2GBまでなので、その位の
  メモリーを割り当てるのがポイント。
  あとパフォーマンス設定で不要なものはOFFにすること、そして画面の表示も
  モニターの設定から最低のものにしてCPUをあまり使わないように。


  そして肝心の旧環境の設定移行ファイルはどこに?
  書類フォルダの中に、仮想マシンというフォルダが存在するがこれをまるごと
  新アカウントの書類フォルダの中に移行して、Windows XP Home Edition.vmwarevmを実行すると前の環境がまるまる復元されました。

その他
  ●フォントはアカウントが変わると移行されていないので手動でやる必要あり。
  ●キーチェーンも引き継がれないので、旧アカウントを消す前に確認する。
  ●言語設定は、Googleの日本語変換を使っているが、
   システム環境設定 > 言語と地域 >キーボード環境設定から
  ●マウスやトラックパッドは右クリックや、指2本タップが副ボタン的な設定
   が初期設定ではOFFになっているのでこちらも設定。
  ●縦スクロールの向きも初期設定ではiPadと同じになっている…。
  ●スクリーンセイバーのホットスポットを左下に設定
  ●MacBookはセキュリティーの設定でスリープ時間や、認証要求なども…設定。
  





2014年1月5日日曜日

★QuickTime 履歴 消す…

便利なようで、不便な機能…。
特にMacBookには、大きなお世話機能…。
誤解

QuickTime Playerを開き
メニュー > ファイル > 最近使った項目を開く > メニューを消去

QuickTimeに限らずこちらの手法でDataの起動履歴が消えるようです。

(引越)OS X Mavericks(マーベリックス)に移行して

2011版iMac 21.5(1TB)を使っていたが、容量不足と虹がくるくる回るため買い替えを実施。
【後押し要因】
年末になるとアップルストアの0%ローンがはじまります。
通常は9%くらいなのを考えるとこちらを使わないのは損。
領収書はもらえるので、即経費化できます。
さらに消費税も上がるし…。

20インチiMacの時に320GBを2TBに分解して容量アップしたが、2011年モデルは、HDだけでなく、別の部品を購入しないと取り付けができない。
また今回は27インチを選択したが、27インチだとメモリーは32GBまで増設できる。
(21.5は16GBまで)

長年アップデイトだけでOSのバージョンを上げてきたこともあり、ゴミDATAも多いため全部ソフトも入れなおしすることに…。


【びっくり】
flv形式のファイルは基本、QTでは再生しないが、Perianを入れると再生してくれていたのに、10.9 Marveriksから再生できない。。。。
asfなどのファイルのWin形式のファイル再生の利便性も低下…。
仕方ないのでVLCで再生するように変更。
ファイルを選択して⌘+iで情報を見るから、実行アプリをVLCに。
全てに反映するを押すことで次回からシームレスに再生できます。
今までQTで実行するようにしていたので、プレビューアイコンだったので
ここは残念ポイントです。



【新規インストールして改めて思ったポイント】
●少し高くてもAppStoreでソフトを購入する。
 過去に購入した履歴から簡単にインストールできます。

●DropBoxを有効活用
 2台Macを使っていますが、設定ファイルなども面倒でもDropBoxにおいて
 そこからひっぱってくるうように…。

●マイファイルの設定変更
 特にMacBookなどの持ち歩きの場合は変更必須!
 新規Finderウインドウ(コマンド+「N」)を開いた時に、「マイファイル」を開かないように変更!
★「Finder」 > 「環境設定」を開く。
新規Finderウィンドウで次を表示の部分を変更すべし!



忙しいと、ファイル整理ができずに、重複したファイルがかなり出てきます。
そしてゴミDATAなどを考えるとOSのアップデイトの度に、新規インストールする方が良いと思いました。
参考になれば幸いです。

(引越)iPhotoを手動移動する

新iMacを購入したのは良いが、移行アシスタントでも正常に移行ができないので仕方なしに主導でバックアップ。

【盲点】
移行元のMacのiPhotoのライブラリーは思った以上にサイズが大きい。
不要な写真は削除しているのに…。
前回のバックアップ及び移行はそのまま実行したが、今回は削除したと思ったDataはゴミ箱に入っている状態なことに数年使っていて気付く。

TimeMachineのHDを開けて図のように移行します。

【参考1】
家族の写真Dataはどんなことがあっても死守せねばいけないのでこのフォルダだけ別HDに保存して三重バックアップしています。

【参考2】
移行元Macと移行先のMacをシステム環境設定の「共有」からつないで移行する方法も実行してみたが、LANのルーターの性能?に依存してか、ものすごく遅いのでTimeMachineの外付けHDより上記のように移行。

※iMovieも基本プロジェクトなども全部移行すると問題なく移行できます。

【その他】
うちは子供にPhotoBoothがウケが良く、こちらでMacの前で写真や動画を撮影していたのでこちらの移行も忘れずにやりました。

(引越)Macのログイン時のアイコン写真はどこに?

レパードからのupdate続けてOSを使い続けていたが、新Macを購入して移行しようとしても不具合が発生するので思い切ってクリーンインストール!

ソフトはインストールすれば良いし、データは移せば良いのだが…
ログイン時のアイコンは子供が幼稚園の頃のものをずーっと使っているが、それがどうやっても見つからない。ググっても情報に辿り着かず…。

そんな貴重な情報を記録しておこう。
・10.5〜10.7の時期のバックアップの場合
MacintoshHD/ユーザ/名前/ライブラリ/Images/iChat Recent Pictures/

・10.8の時期のバックアップの場合
MacintoshHD/ユーザ/名前/ライブラリ/Containers/com.apple.ImageKit.RecentPictureService/Data/Library/Images/Recent Pictures

【補足】
ちなみに昔は、ホームの下にライブラリーのフォルダが見えていましたが、現在は見えなくなっています。
Optを押しながらファインダーのメニューバーの移動へ行くと、ライブラリーは表示されます。